宅地建物取引主任者の仕事の魅力

宅建主任者は不動産関連の売買契約や賃貸契約などにおいて、必ず必要な人材で、宅建業者には居なければならない存在なのです。



サイトトップ > 宅建の魅力

スポンサードリンク

宅地建物取引主任者の仕事の魅力

宅建の魅力


宅建とは略語で、正式名称は「宅地建物取引主任者」と言います。長い人生において、宅建主任者のお世話になったことが全くない人は少ないことでしょう。宅建主任者は不動産関連の売買契約や賃貸契約などにおいて、必ず必要な人材で、宅建業者には居なければならない存在なのです。


宅地建物取引業をするためには、各事業所には一人は置かないといけませんし、5人に1人の資格者を雇うことが定められているため、宅建の資格取得は就職や転職に断然有利と言えるでしょう。


宅建は、不動産業者でしか能力を発揮できない資格ではありません。 不動産の管理に関係している多くの企業で必要とされているのです。 国家資格でありながら、日常生活に密着している内容が多いために、資格取得に取り組む人が多岐にわたっているのが特徴です。


就職に向けて宅建の資格取得を目指す人もいれば、自分の不動産契約に役立てたいと、勉強を始める人もいるほど取り組みやすいと言われている内容です。 元々、宅地建物取引業法は不動産取引において、消費者が不利にならないように守るために作られたものですので、勉強して損はありません。


国家試験の中で、初心者でも取り組みやすい試験と言われているのも魅力の一つで、毎年多くの人が受験しています。 受験者数は毎年25万人前後と大変多く、合格者は15%位で、年々合格が難しくなっています。 50点満点で35点前後が合格ラインだと言われていますので、70%強の点数の獲得を目指して勉強するのが良いでしょう。


宅地建物取引主任者の仕事の魅力

MENU



スポンサードリンク